ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

皆、そうなんか?

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日も理学療法士の先生方と入院患者さんのリハビリに励む…

入院患者さんの一人と

リハビリしながら、ある話をしていました

【皆、そうなんか?】と男性患者さんは言う

さて…内容は

【毎日の食事】でした

【今回入院してわかったと思いますが…食事の味薄いでしょう】

【そうやな…全然食欲わかんわ】

【皆、そうなんか?】

と聞かれる

【いえ、違います】

【配膳される食事は診療科によって…】

【その方の持病によって変わります】

【筯筯さんは今、病気で心臓に負担がかかっておられます】

筯出来るだけ早期に回復したいと考えたら…

【味の濃い…美味しい食事が食べたいと思いますよね】

【でも体の中で一番エネルギーを使うのが消化活動なんです】

【そうか?】

【退院後、家で美味しいもん食べないと本当の意味で元気にならないと思います】

【そうやろ…】

【ただし、また継続して美味しいもんばっかり食べてたら同じ病気になりますよ】

【皆さん共通して言えることは…今回よりも重症化すると思います】

【頑張って食事制限して欲しいものです】