ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

どうせ…やから

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

入院患者さんには

いろんな方がおられる

筯前向きに頑張る方

筯暇や暇やって言う方

筯どうせ…やからって悲観的になる方

筯早く帰りたい言う方

などなど…さまざまです

その中でも…

【どうせ…やから】って言う人の話

本当に あきらめモードで

筯どうせ頑張ったってよくならんし…

筯どうせ手術してもよくならんし…

筯長く生きても楽しくないし…

筯糖尿あるから美味しいもん食べられへんし…

本当に対応しにくい人がいる

そんなセリフ吐きながら も リハビリはしてくれてる人がいる…

しかし ずっと そんなセリフ吐きながら…

こちらのペースに逆らうわけでもない

業務を邪魔するわけでもない

真っ向から 言い争うわけでもない

でもずっと 小言で上記のように ぶつぶつと

【どうせ…やから】を繰り返す人がいる

その方も悪気があって 小言なセリフを吐くわけでもないのかもしれない

しかし、リハビリをする我々スタッフにすれば 小言は 【いい気はしないもの】

その時だけをしのぐ

社交辞令はできて欲しいなと思う今日この頃でした