ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

リズムにのる…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

先日、脳波検査をした男性患者さんとの話です

仕事に復帰するには…【リズムにのる】必要があるとのこと

男性が自覚したのは一過性の意識消失でした

今は病院で入院され 必要な検査を受けられている状態です

【今は症状ないから…早く仕事に復帰したいんやけどな】

男性患者さんは言う

【意識消失ですよ】 【しばらく療養した方がいいと思いますけど…】

男性患者さんは筯筯運送会社で働く方…

めちゃくちゃ忙しいと 言われていました

それゆえに…

疲労困憊だったのかもしれない

会社からの数日の休暇でさえ辛い…

辛いのは休み明けだと言う

忙しいリズムにのるのに…体がついていかないらしい

長年働いている58歳の体には 仕事のリズムが染み着いているんだろう

私(との菌)も 病院での業務は (長い)休み明けは 少しリズムがかわる…というか 午前中はついていかないかもしれない

だから…そんな気持ちは理解できました

【もしかして、相当我慢強いですか】

【そうかもしれんな…】

【それか、めちゃくちゃまじめか】

若い新入社員は 辛くて辞める人が多々いるそうです

その中でも 残ってるということは…

【プロ意識ですよね】

【そう言ってもらえると嬉しいな】

(いえいえ…)

人それぞれ いろんなリズムで仕事をこなしている

家族のために

技術の向上のために

子供の学費か

理由はさまざまありますが…

辛くても

眠くても

【慣れ】と【リズム】でなんとか乗り越えないとだめなんだろうな…

長い休みも嬉しいはずなのに…逆にだめな面もある

ふとそんな気持ちになったエピソードでした