ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

退院後 階段は使わないよ…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

もうすぐ退院される男性患者さんがおられます

【退院後は階段は使わない】よ という…

退院前の 今の状態は…

動くと 【息切れ】がします

酸素モニター(spo2)では 優位な低下が見られる状態です

【動くとしんどいね】

【ちょっと、考えてみてください】

【もうすぐ退院ですが】【家での生活…どんなことされてる時…一番負荷かかりそうですか】

【そうやな…】

【前は階段だったと思うけど…】

【けど?】

【今は大丈夫】

【そんなに負荷かかることはないと思う】

(もう階段の上り下りはしないという)

【でも適度な運動はしておいてくださいね】

【やっぱりせなあかんのかな】

私ら病院のスタッフは 入院患者さんの生活の基準を考えて リハビリ評価をする

筯今の体調の現状

筯退院後 生活で どんな動きをされるか

それにあわせて

入院中 リハビリ負荷をアップさせていきます

患者さんには

苦労なく 家での生活を

して欲しいので…

頑張ってくださいね

生活をセーブするって

ナンセンスやと思うから

どう違うの?

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日?

大きな心臓外科手術を受けられた男性患者さんが言われた言葉…

入院してからずっと風呂に入れていない状態でした

筯手術痕の治りかけ

筯風呂に入れていない

痒さの違い

【どう違うの?】

が話題の内容

本当に体は痒いようです

ただ…言えることは

筯手術後なら 部分的

筯風呂に入れていない なら 広範囲に痒いだろうと思います

また よく汗をかくだろう部分は なおのこと痒いかもしれない

【痒み】は ある意味 傷が治りかけている証拠と言えるでしょう

よく話す内容は…

【傷口からバイ菌入るから汚れた手でかかない方がいいと思いますよ】です

これは最低限

守って欲しいことだと考えます

皆さんは 大きな手術後の傷口の回復…痒み…

経験はないでしょうか

入院患者さんの大半は

【早く風呂入りたい】と思ってはるでしょう

それも【湯船】に…

筯早く風呂入りたい

筯傷口からの感染 が怖いそんな気持ちで一杯なんだろうな…

ここでは出来るけど…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日も理学療法士の先生方と入院患者さんのリハビリに励む…

運動する環境整ってるから【ここでは出来るけど】家に帰ったら…

筯絶対にしないだろうという女性患者さんがいます

男性の大半は 運動好きが多いと思います

女性の大半は 運動嫌いが多いと思います

いや

そんなことはないかも… 運動は 目的もって また 習慣づけてやっていると 好きになるかもしれません

ちなみに 私は運動は好きです

この話に出てくる女性患者さんは 運動は本当に嫌いなようです

入院中では リハビリのスタッフが誘いにくるし…

リハビリ室にいったら

周りの人が 頑張って運動しているし…

筯周りに同士がいる

筯やらなあかん環境

筯頑張ってる人の活気をもらう

…がないと 長続きはしないかもしれませんね

運動だけでなく

何でも 一人で継続するためには よほど 特別な何かがないと(根気)続かないものです

女性患者さんが言う…

やらなあかん環境って

自宅には ないんです

それは…家に帰ったら

すべてを自分で決めることが出来るからなんだろう

自分のために…

何とか頑張って欲しいなと思います

元気になりますかね?

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日も理学療法士の先生方と入院患者さんのリハビリに励む…

私、リハビリで運動して…【元気になりますかね】と不安そうに話す女性患者さんがおられます

その女性患者さん…

今回は【糖尿病教育】目的で入院されています

性格は…

不安症かと思われる印象です

診察時 担当医師から

いろんなことを話されたと思います

筯合併症のこと

筯治療のこと

退院されてからの生活習慣などなど…

【私、不安なんです】とはおっしゃっていました

しかし、大半の方が

筯病気への不安

筯病気への知識不足

筯生活習慣の乱れ

なるべくしてなられた人も少なくありません

その中で…

【私、リハビリで運動して元気になりますかね】という言葉も

なんか違うように感じます

皆さん

どう思いますか?

生活習慣に関わる病気の大半は 本人の 生活からの影響が かなり 絡んでいるはずです

患った糖尿病…

リハビリで運動するだけで 改善させるのは かなり難しいと考えます

筯徹底した食事療法

筯習慣化した運動

筯適切なインスリン療法

があって 始めて

少しずつ改善していくものだと考えます

一度 深刻な病気になったら 改善させるのは

至難の業ですよね

私は思います

三日ぶりやわ…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日も理学療法士の先生方と入院患者さんのリハビリに励む…

【おめでとうございます…何日ぶりですか?】

【三日ぶりやわ】

そうニコニコ顔で 答えた男性患者さん…

私自身 便秘の経験は

ありません

逆に 下痢は しょっちゅうありました

今は できるだけ 下痢しない工夫を考えて生活しています

さて…話の内容は

【便秘の間、ずっとお腹はってたんですか】

【いや、そんなにはった感じはなかったよ】

【自分で踏ん張って出すとしんどいですからね】 【便秘薬もらって、自然に出るの待つしかないですよね】

【それか下剤って手も】 (と男性患者さん)

【下剤はしんどいじゃないですか…】(私)

入院して便秘になる人

本当に多いです

筯環境の変化

筯食事の変化

筯生活リズムの変化

筯周りの人からの影響

など いろんな要素が

入りますからね

とりあえず

良かった

良かった…

便秘は本当につらいですからね

束ねたらいいのに…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日は1階で生理機能検査担当についていました

多くの患者さんの中で

髪の長い男性もいる

一つ思うのは

髪を【束ねたらいい】のに… ということ

【筯筯さん、だいぶ髪伸びましたね】

【そうやろ…】

【髪を束ねたら…】

【入院中の散髪を頼んでみたら…】

など選択肢を話していました

(いらんお世話かも)

【なんか聞いたけど出張サービスで散髪してくれるんやろ】

【よくご存じで】

【でも割高やろ】

【それならせんわ】

やっぱり費用ですね

詳しい費用まではわかりませんが…

決して

安くはないでしょう

というわけで

男性でも 後ろで 髪を束ねている人もちらほら…

以前 入院されてた 何人かの女性患者さんも言っていましたが

【あれはカッコ悪い】と

【男性は髪短めの方が似合う】とおっしゃっています

患者さんと話をすると

いろんな意見が 聞けて 本当に参考になります

この男性患者さんは

【そやな、せめて髪を束ねるくらいせな】

【だらしないよな】

とおっしゃっていました

そうですね…

今できる選択肢の中で

最良の方法を

とりたいものです

誰かわからんかった…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日も理学療法士の先生方と入院患者さんのリハビリに励む…

休み明けで入院患者さんをリハビリのお誘いに部屋に行きました

その男性患者さんは

元々ボサボサに髪が伸びた方でした

その男性が

見事に短く散髪されていたのです

【誰かわからん】かったですよ…

思わず声をかけました

【そうか…】

少し照れくさそうに

返事をされていました

入院患者さんの大半は

散髪も出来ずに 髪は ボサボサの方が多いものです

そんな印象を 吹き飛ばすように 綺麗に カットされていました

いいですよね

というのは…さっぱりしていて 病人らしくなくていいですよね

という意味合いです

前にもお話したことがありますが…

心身ともに 病人になったらあかんと思います

そのためには

外見から…

筯髪をといておく

筯散髪する

筯顔を洗う

筯髭を剃る

筯歯磨きをする

筯綺麗な病衣を着る

などがある

体はしんどくても

外見から 少しでも健康に見えるような工夫が必要ではないか と思います

そう考えると…

散髪 いいですよね

今は我慢できへんな…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日も理学療法士の先生方と入院患者さんのリハビリに励む…

【我慢できへんな】という男性患者さん…の話

話の内容は…

尿意を催して、排泄までの時間を言っておられました

【昔は尿意感じても、しばらくは我慢できたんやけどな】

【今は無理…】だという

【高齢になって筋力が落ちたんでしょうね】

【あらゆる箇所の筋力が落ちますからね】

【尿の排泄も我慢もコントロールしにくくなるでしょう】

【これは、つらいというより…なんか情けないことやな】

そんなことを話されていました…

とある雑誌に記載されていましたが…

座りながら 両膝の間に 少し大きめのボールを挟み 足で挟む運動を意識する

一回数十秒、足で挟む

それを何セットか 繰り返す

毎日、真面目に諦めずに取り組むと 筋力はついてきます

若い人と 比べたらいけないけど 毎日の習慣にしていって欲しいと 思っています

皆さんは 尿意コントロールはうまくできてますか?

感染を考えて…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日も大勢の入院患者さんと話をしています

この話は

筯私ら健康に入るスタッフも該当する話…

筯体が弱った入院患者さんは特に該当する話…

【階段や廊下のてすり…いろんな方が触られています】

【綺麗に見えるけど…汚いと思って出来る限り触らない方がいいですよ】【え?そうなんですか】

【可能性ですよ】

【てすり触っただけでは、そんなに酷い状態にはならないかもしれない】 【触っただけで皮膚から毒が混入するなんてことはドラマ上のことかもしれません】

実際に 一般の病院で

そんなエピソードなんて起こらない と思っていますし…起こってはいけません

ただ、入院患者さんは体が弱っていることは 確実です

病院には 外部から非常に多くの人が出入りしていますし 入院患者さん同士も お互いに 手に細菌やウイルスが付着しているか わからない状態です

触っただけなら

ちょっとした感染…

結果的に風邪ひいたくらいで終わっていたら 問題ではありませんよね

でも人によっては

重大な結果につながる方もおられるだろう

そこから風邪をこじらせて…肺炎とかもあるだろう

綺麗そうに見える部分も しっかりと疑い

自分の身を守って欲しいなと思います

転ばんといてね

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日も理学療法士の先生方と入院患者さんのリハビリに励む…

【転ばんといてね】と入院患者さんに声かけします

この男性患者さんは

糖尿病の教育入院で来院されています

期間は2週間です…

男性患者さんは

担当の医師から 出来る限り カロリーの消費を 告げられています

【基本的に食べ過ぎによるメタボ…】

【この際…できるだけ痩せてかえるように】

言われています

身長から計算ででる体重は 65キロ前後…

今は 80キロ後半はあるという

そして家は 糖尿の家系…らしいです

教育入院での2週間…

筯食事療法

インスリン療法

運動療法 でがんばっておられます

でも ベースに

【食べ過ぎ】があるならまずは そこから 抑えないと…

せっかくの努力が すべて無駄になりますよね

男性患者さんは

医師の指示どおり…

カロリー消費を心がけて

始めたのが…

【階段の登り降り】でした

私らスタッフも業務の中で 階段をよく使いますが

【筯筯さん、頑張ってますね】

【頑張らないとな】

午前中で見るとき

午後から見るとき

ずっと 階段の登り降りされている印象です

【階段で転ばんといてね】【大丈夫、大丈夫…】

階段でのケガは 大事故につながります

本当に気をつけてくださいね

どれくらい残しますか?

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日も入院患者さんと会話をしています

その内容は…食事

【病院食きちんと食べていますか】

【いやいや、食べれたもんやないで】

【主食10割、副食10割と考えたら…どれくらい残しはるんですか?】

【そうやな、まず…主食のご飯はあかんわ】

【お粥やったら食べれるんやけど…】

【まだパンの方が…】

【そんなにご飯まずいですか?】

【まずいというより、かさかさ…】

【喉通らんな】

【オカズはなんとか食べるようにしてる】

【それでも7割かな】

【オカズ全部食べてないんですか】

【出されるオカズ、いつも同じように感じて】

【味が薄いからか】

【何食べても同じ】

【1日でもいいから外泊許可出してもらわんとおかしくなりそうや】

人によっては 【米】は食べない方もいるだろう

人によっては 【パン】が主食の方もいるだろう

いつも思いますが

味が薄い やら

食べれたもんやない とか

自分がしてきた ことが

病気の発症につながり…

そんなことも

考えずに 今目の前にきていることに 【文句】を言ってしまう

入院患者には なりたくないけど これはこれで

【いい経験】にして

次に生かして 再入院にならないように頑張って欲しい

そんな気持ちになります

皮膚が崩れ落ちてる…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日も理学療法士の先生方と入院患者さんのリハビリに励む…

何日も何日も入院されている患者さん

【やっとお風呂の許可が出ましたよ】と言われる【良かったですね】

【もう気持ち悪くて…】という男性患者さん

多くの男性患者さんは

リハビリ時 素足で靴を履いてる印象です

私の気持ちの中では…

(靴下履かなくて気持ち悪くないのだろうか)

と思っています

それより…

入浴(シャワー)の許可がでても 多くの人が 体は洗うけど 足先までは 洗ってないのではないか

いや、違うかも…

足先に手が届かないのかもしれない

入院患者さんのベッドにパラパラ落ちてるものを見受けますが

あれは 乾燥した 足先の皮膚なのかもしれない

人の皮膚は 大切な バリアになっている

ほぼ毎日 入浴し 体を洗うことで 皮膚は清潔に保たれるだろう

そんなバリアと考えたら足先でも バカにはできない

入院してるから いいわとか思わないで欲しいです

やっぱり清潔にして

病気をはね除けて欲しいものですね…

息子の仕事の都合で…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日も理学療法士の先生方と入院患者さんのリハビリに励む…

退院が近い糖尿病患者さんがいる

【筯筯さん、もうすぐ退院ですね】

【そうなんやけど…】

【まだはっきりとした日は決まってないねん】

【家の人の都合?】

【息子が迎えにくるんやけど…仕事が忙しくて】【仕方ないですよ】

【仕事が暇…よりよほどありがたい悩みですよ】【そうやね】

【筯筯さんの息子さんやから、60歳手前ですか】【そんなもんやわ】

【週末には息子が病院に来て先生と退院の段取りつけると思いますよ】

【そしたらあと、しばらく入院伸びますね】

【仕方ないね…】

今のご時世、

仕事が忙しい…

ありがたいですよ

文句言ってはいけないことですよね

患者さんも入院してる間は安泰…

家での生活は

また大変なことも待っているだろう…

今はいつでも帰れるように体調整えててくださいね…

あと少し

頑張って…

腰にシップ貼って…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日も理学療法士の先生方と入院患者さんのリハビリに励む…

病棟のお部屋に患者さんを迎えにいく

【筯筯さん、リハビリいきますよ】

【あっ、先生…ちょうど良かった】

(果たして何の使いだろうか?)

【どうしたんですか】

【腰が痛いんよ。そこのシップ貼ってくれんかな?】

【いいですよ…】

【どこにあるんですか】

【テレビ台の上の棚のところ…】

【あっ…これですか】

【そうそう…】

そこには

ロキソニンテープ50mg

が二袋置いてありました

ロキソニン

筯経皮吸収型鎮痛剤

筯抗炎症剤 と記載されている

【これ貼ったら痛みなくなるねん】

(そんなに早く効くのか)

ロキソニンを腰に貼ってる患者さんが何人か おられ 皆さんに伺ったところ

やはり 【よく効く】と返事が返ってきます

他の患者さんで

おすすめのシップ探してる人がいたら

教えてあげたいと

思います…

え?ゼリー食べないの?

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日も理学療法士の先生方と入院患者さんのリハビリに励む…

朝イチのリハビリ患者さんをお部屋に迎えにいくのが9時すぎ…

まだお部屋のテーブル上には食事が下膳されていない状態で置いてありました

【え?ゼリー食べない】んですか? と声かけ

【それ、嫌いやねん】という男性患者さん

【いつも残すんですか】 【そうやな、食べたいものだけ食べて…あとは残す】かな

【美味しそうに見えるだけかな…】

【病院食は口にあわん】

病院食で出されるゼリーなど副食は むしろ残さず食べたくなります

でも本当は 味が極めて薄いかもしれない

カロリー低い食べ物やから…そんなに美味しくないんだろうな(想像)

【病院では食べるもの限られるから…なるべく食べてくださいね】と言ってます

【そうなんやけど…】

【食べなあかんの…わかってるんやけど食べれたもんやないで】という患者さん

【…】

なかなか返す言葉は見つかりません

頑張って 早く退院するしかないか…

そんな言葉が頭を過る今日この頃です