ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

こんなん、初めてや…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日は1F生理機能検査を担当していました

入院患者さんを1F検査室に呼び…

検査するためにベッドに寝ていただく…

【こんなん、初めてや】と言う男性患者さん

さて、なんの話か

その男性患者さんは

入院そのものが 初めて…

今まで 肩から腰にかけての【鈍痛】は感じたことありませんでした

(健康そのもの…)

それが…

筯ベッドに寝る際に

動作が鈍かったため

【筯筯さん、腰が痛いんですか?】

【そうやな…】

【今まで背中や腰に痛み感じたことなかったんやけどな…】

【年かなぁ…】と言う

なんにせよ…

【寝てるのが辛い】なんて最悪や思うわ と嘆かれていました

(本当にそう思います)

よほどしんどくない限り 入院患者さんも

食事も含め日中は できる限り ベッド上で 座って過ごすことを考えて欲しいと思います

弱くなかったとこまで

弱くなる可能性あり

皆さん

寝てるのは 楽やけど

弱りますよ…あちこち

今は頑張ってください…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日も理学療法士の先生方と入院患者さんのリハビリに励む…

【今は頑張ってください…】と伝えた男性患者さんとの話です

【筯筯さん、大変ですね…】

【手術後でルートや点滴、バルーンやドレーンなどたくさんついてますからね】

【そうなんですよ】

【身動きとれなくて…】

この男性患者さんも 入院日数が経つごとに ついてる管類も少しずつ外れていくことだろう

そうなれば コンセント類などを外して トイレや廊下をうろうろ散歩もできるようになる…

起きてる間は 管類の多さは 気になりますが 一端寝てしまえば…

そう考えると今は…

睡眠導入剤】を使ってでも ぐっすり寝る方が大切やと思います

病院で働くスタッフから一つ言うとすれば…

手術しないといけない状態まで放置?していたのはなぜか…

軽い状態のうちになんとかならなかったのか…

ということなんです

多くの高齢者は

【我慢できるから】

【休憩したら治るから】とよく言う

でも根本的に病気が治っていってるのではない

そこを理解して

早めに病院に来て欲しかったですね

今さら…の話になりますが

今は…一本でも 早く 管類が 抜けていきますように…お祈りしています

くらいかな

言えるのは…

言ってることが違う…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日も理学療法士の先生方と入院患者さんのリハビリに励む…

【言ってることが違う】 さて、どんな話か?

筯リハビリ時に今後の自信をきいてみた…

【自信なんかないよ】

これが、本当の気持ちだろう

そして、数日が経過…

【あれ?筯筯さん…今日は外泊やって】

リハビリのスタッフに伝える

【自信なんかない言ってたのに】

筯あれは嘘やったのか

本当にそう思ってしまいますね…

【嘘をつく】と 周囲のスタッフは…

【なんや、帰れるんや】 【自信ない言ってたのに…】

そんな目でみてしまう 残念なエピソードでした

それか 何かしら 体調よりも優先する 外泊理由があったんだろう…

後日 理由は聞いてはいませんが 患者さんを信じていようと思いました

たぶん、伝わらない…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日は1F生理機能検査を担当していました

【たぶん、伝わらない】と思いながら検査…

さて、どんな話か…

廊下で検査まちされてる若い女性と赤ん坊?

検査の一覧(画面)を確認すると 0歳の子供さんの心電図と心エコーが見えた…

【これか…】

他の検査スタッフが 呼び込み 心電図検査からされている

【筯筯さん、心電図しますね】

【中へどうぞ】

(若いその母親は0歳の子をベッドに寝かせる)

(なんか泣きそうな雰囲気…が伝わってくる)

あっ、そろそろか…

【オギャー】かな

かなりの泣き声が心電図室に響く…

【痛くないからね】

(検査スタッフは言う)

(0歳やから伝わらないやろな…)そう思ってました

オギャー オギャア オギャア オギャア…

筯本当に嫌やねん、やめてって言わんばかりに 大声で泣く子供…

筯困った顔で 無言の母親…

筯必死でなだめながら検査するスタッフ…

筯泣くわ、暴れるわ(かなり動く) なかなか手強い子…

やっぱり検査技師として協力の得られない患者さんの検査…かなり大変です

文句を言う高齢者はまだ…言えば 言葉は通じるだけましなんだろう

コミュニケーションとれない乳児などは まともな結果が得られない

仕方ないことなんだろうけど なんかやりきれないですね…

赤ちゃんをあやすのがうまい 女性検査技師さんがいれば とても重宝されるにちがいない

そんな気持ちになるエピソードでした…

前みたいに歩けるかな…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日は1F生理機能検査を担当していました

女性患者さんは言う

【退院したら、前みたいに歩けるかな】と…

すぐに返答しました

歩けるように…は

【退院したらすぐに…】希望ですか?

なぜ?か

この女性患者さんは

そんなにリハビリを頑張っていない様子をスタッフから聞いていたからでした

入院中に【歩くリハビリ訓練】をしっかり頑張らずに…

入院中に楽をして 体を休め 退院したら すぐに歩くこと希望…

そんな都合よく 体は動かないと思います

入院中にしっかり体を動かして スムーズに動くのか…

どこか 関節や 付け根は痛まないか…

しっかり様子観察して欲しいところです

どうせ歩くリハビリやからと軽く見ていると 退院後 すぐに 転倒し

骨折とか 悪いスパイラルになってる人いてはります

そうならないように

入院中こそ 歩くリハビリしっかり頑張ってください

そう感じるエピソードでした

聞くだけで緊張するわ…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日は1F生理機能検査を担当していました

【検査って聞くだけでも緊張するわ】と言われる

緊張される人は

筯白い壁

筯白衣

筯先生の顔などを見ると緊張される人がいる

さて…

検査にも さまざまあります

中には患者さんに リラックスしてて欲しい検査もあれば…

患者さんの状態に関係なく 技師が頑張ればいいのもある

患者さんをリラックスに導くのも 検査技師のテクニックの一つだろう

つまり 誘導すること…

これにつきますね

初めて検査される人も少なくないため… せめて2回目でばっちり決められるように誘導したいところです

不安な気持ちにならないように うまく誘導する

【誘導】という言葉が妥当なのかは 難しいけど

後で検査結果を振り替えったときに 不適切だと言われないように…

または思わないように…

または クレームのこない検査結果を返したいところです

初めてする検査…

誰しも緊張するだろう

よほど検査慣れ…

よほど病院慣れ…してる人以外は 緊張して当たり前…

いっそ 大袈裟に言えば

検査中に【笑わせる】のもテクニックの一つだろうと思います

笑うと とたんに 緊張はほぐれる…

患者さんの口癖というか よく聞くセリフ…

【こんなん初めてやし】とか

【こんなんしたことないし…】です

それを踏まえても うまく検査結果を導くのは 大切なことだろう

そんなこと考えるエピソードでした

誰に頼めばええんや…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日は理学療法士の先生方と入院患者さんのリハビリにはげむ…

リハビリをされている男性患者さんとの話…

【誰に頼めばええんや】という言葉…

これは【散髪】のことである

【入院前に散髪行っておけば良かった】と話されていた男性患者さん

退院まで何日かかるのか 検討もつかない…

それは誰もが同じ思いを持っているはずです

モジャモジャな【ヒゲ】は剃ればいいだろうけど…延びてきた髪の毛は自分では切れない

(私以外は…)

(私は10年、自分で自分の髪の毛を切っているから)

でもそれは環境整った家だからできること…

さて、本題に戻りますが…

病院内での散髪…

延びた髪の毛のカット…

病院内には【理容】や【美容】室はありません

つまり、【美容師】さんはいないのが普通…

外部の方【美容師さん】に来てもらうしか方法はないのてす

髪の毛ボサボサよりも

整髪されている方が

元気そうに見えて…

早く退院できそうな気分にもなる

さて話が脱線してしまいましたが…

通常は 病院内には

美容師さんはいない…

入院前に散髪しとけば良かった…かもしれないが

そんなエピソード

誰が予期できただろうか

そして、美容師さんへの連絡は

病棟の師長やクラーク、医事課を通じて 連絡をとる流れを利用したい

ボサボサだと 余計に病人らしくなってしまうんですよね

昔は暑がりだけやったのに…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日も理学療法士の先生方と入院患者さんのリハビリにはげむ…

ある患者さんとの話…

【入院する前の、運動習慣はどうでしたか?】

【運動習慣か?】

【あんまりやな】

適度な運動は心地よい汗かくことができるのに…

質問の続きです

【汗かきですか?】

【汗かきと言えば汗かきかな…】

そしたら…

【暑がりだけですか?】【どちらかと言えば暑がりやな】

【昔は暑がりだけやったのに今は…や】

…は 【暑がりの寒がり】という返事でした

【寒がりも入ってきたんですか?】

【はい】

【他の人どうなん】

【俺みたいな人おる?】

【暑がりの寒がりですか?】【はい】

【健康的な若い人なら…どちらか一つですね】

【ということは…やっぱり衰えか】【年かな】

【暑がりの寒がり】

というのは

基本的に体温などの温度調節がうまくいってないことを意味するんです

【解決策はあるんか?】【適度な運動習慣を作ることですね】

【薬じゃないんか】

【なんでも薬で治すこと考えたらあきませんよ】

そんな話をしていました

寝てたら楽…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日も理学療法士の先生方と入院患者さんのリハビリにはげむ…

ある女性患者さんは…

【寝てたら楽】だと言う

確かにそうかもしれないけど…

逆に それ言ってしまうと 【寝たきり】希望みたいに聞こえるんですよね…

そんな希望は ありませんが…

また別の男性患者さんで と【しんどい】から

【寝てたら楽】だと言う人がいる

【寝てたら楽】という言葉は 本当に 言ったらだめだと思います

言ってしまうと心底…だれてしまうし、ちょっと動いたらできることさえも【する気】がなくなるか、【できなくなる】だろう

以前 リハビリされていて今は退院…の患者さんが言っていた言葉は

【寝てたら楽】という時期もあったけど…

リハビリが習慣化されてくると

【体動かすと翌朝が楽】とか

【体動かすと寝やすくなった】

とか…

やっと健康的な言葉だ

良い流れが見えてきた!運動が大切やと言う思いが伝わったか!

そう思いました…

なんで あかんの?

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日は1F生理機能検査を担当していました

【なんで あかんの?】と患者さんは言う

その患者さんは

心不全で入院されている男性で 入院前は 少し歩くと【息切れ】されていました

入院して【利尿剤】の作用で どんどん排尿…

今は動作時の【息切れ】 はしないと言う

入院日数も10日ほどなり そろそろ運動しないと 逆に 【下肢】の筋力低下がすすんでいきます

その男性患者さんなりに 廊下歩行をされていたらしい…

そのような【頑張る】姿を 応援する看護師もいれば…

いい顔しない看護師もいる…

患者さんとしては

【運動不足】【下肢の筋力低下】を考え されていた行動…

廊下をひたすら歩く 【スリッパ音】なのか…

朝から 何回も 何回も歩いていたからか…

いい顔しない看護師もいる

【なんで あかんの】

改めて考えてみれば…

歩きにいく人は

【一時間】くらいは歩きにいくだろう

病室まわりを【一時間】歩かれると 担当の看護師さんにとっては どうなんだろうか?

【お部屋で静かにしといて欲しい】となるか

【よく歩いていて、元気になられた】となるか

皆さんはどう感じるだろうか…

患者さんの話より

ぞっ…としたわ

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日は1F生理機能検査を担当していました

大部屋(3人部屋)に入院されている患者さんと話をしていました

【ぞっ…としたわ】

と言う

これは部屋代の話…

大部屋は別料金かかりませんが 個室は7500円かかります

この男性も…

入院当初は 個室に入ってゆったり気分を味わう予定だったらしい

しかし、現実は…

妻と一緒に入院時にかかる費用など話を聞かれる

個室の部屋代が

筯A 7500円

筯B 8500円の2つの

コースがあることを説明受けた とのこと…

【え?1日7500円か】

それが 第一印象…

多くの入院患者さんを見ていると…

部屋代7500円も 馬鹿にならない と話す

10日の入院で…75000円

は ビックリですよ

ともかく…

7500円かせぐのに どれ程頑張らないとあかんか…

患者さんと そんな話をしていました

年金…不安やな

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日も理学療法士の先生方と入院患者さんのリハビリにはげむ…

その男性患者さんは

もう働いてはいない…

【筯筯さんは、まだお仕事されてるんですか?】 【いや、とうに年金生活や…】年齢は72歳

(中には72歳でも自営されてる人もいる)

【わしらは、なんとか年金もらって生活してるけど…】

【おたくら不安やな】

【そうですよ】

【ちゃんと政府は年金くれますかね…】

【政府はお金の取り立ては早いんやけど】

【支給はめっきり遅いですからね】

【役所の動きは、そんなもんやろ…】

【期待したらあかんわ】

(確実にもらえるかどうかもわからない…)

今なら 年金もらうより

さきに…ミサイルくらう方が早いんちゃいますかね

(笑…)

贅沢なんかしないから…

せめて税金払ってる分くらいは 生活費確保して欲しいと思います

それか 何歳になっても

お仕事できるような 計らいが欲しいです

まだまだ 働いていたい人多いはずです…

あと数年経って

少しでも生活が楽になってますように…

腰、膝、足首が×

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日も理学療法士の先生方と入院患者さんのリハビリにはげむ…

入院患者さんの中で

腰、膝、足首が×だと言う人がいる

どんな原因で痛めたのかは不明ですが

生活を考えると

大変なことだ…

【先生…私 腰、膝、足首がだめなんです】

【え?】

【腰膝足首って全部(広範囲)やないですか】

【ええ、まあ】

人が動作するための 大切な基点となるのが

腰、膝、足首などの関節部分です

その大切な部分が痛みを伴っているって…どうなん?

心の中で思ってしまいました

骨折なら その関節部分にギブス…って感じになりますが 最悪骨折ではない

それだけでも救いか…

でも高齢者にとって毎日の運動習慣は欠かさずやって欲しいのが本音…

それなのに運動ができないくらい痛みがある

逆に 腰膝足首を治す時にも まずは動かさないように固定する…と思いますが

そんなこと考えると

体重のかかる部分を傷めた場合の治療は…

どうしたらいいのか 途方にくれてしまう

病気を改善させる手段の一つが【適度な運動】

それが使えない…

このまま、悪くなっていくのを見ているしかないのだろうか

高齢者の磨り減った関節部分…

難しい問題ですよね

あっ、家族が…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日も理学療法士の先生方と入院患者さんのリハビリにはげむ…

【あっ、家族が…】という話です

【筯筯さん、こんにちは…】

【こんにちは】

【担当医の先生から…今日からリハビリ始めるようにとの話がきています】

【そうなんですか…】

【私には何も…】

【…】

(本人には何も言ってない医師は多いです)

むしろ、本人にだけは言わないとあかんでしょう

【私とうぶん動けないと思って家族が靴を持って帰ってますが】

(私らスタッフに言う)

【大丈夫ですよ】

【履き物なければ、病棟で借りますから】

【いけますか?】

【家族さんが次回来られる時に持参いただければ…】

【今日はいらないですか?】

【病棟で借りますので大丈夫です】

今日は…

Bed side(ベッドサイド) 立位 足踏みする予定…

【ベッドサイドでスリッパ履いて立てますか】

(ふらつきあり)

【ベッド柵持ってもいいので…】

何かしら支えあると

安定されている

中には それでも不安定な方もいる

筯毎日のリハビリでは さまざまな動作をしてもらう中で…安定度をみているといっても過言ではない

でも…

退院してからが本番だ…今は練習…

今は、リハビリの先生方といろんな動作をしていく中で できること、できないことを確認して欲しいと思います

いずれは 退院して

自宅にもどり

自分のことは 自分でしなければならないのだから

頑張って…

応援しています

また仕事できるかな…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

先日、ある検査をしながら女性の患者さんが話された言葉…

【また仕事できるかな】でした…

検査は【神経伝導速度】 MCV SCV です

疑う疾患は…

手根管症候群

しゅこんかん しょうこうぐん

検査の結果としては

【重度の伝導障害あり】でした

後日の診察で治療も含めて詳しいことは先生から伝えられるだろう

その治療選択肢の中には【手術】も含まれます

女性患者さんいわく…

【手術するの怖い】

【でも改善するなら怖いのは一時…】

【また仕事できるか】

そのあたりが 心中にある本当の気持ちでしょう

誰しも 手術って聞くと

避けたいものだ

筯怖い…

筯100%を期待…

筯すぐに仕事できる?

とりあえず

費用は?って聞く人は少ない…

怖い手術と引き換えに

筯完全に回復し

筯仕事できる

を希望するだろう…

他の病気で処方される薬も手術も100%はありません

また、手術されても

後年 また症状でてる人もいるし 反対手が悪くなってる人もいます

手術後 大事にしすぎるため 反対手にかかる負担から 悪くなる人もいる

手術もやってみないとわからない。のも現状だし

手術後のリハビリや

ムチャしない生活も大切やと思います

そのためには

その病気に関して

最低限の知識が必要

改善するためには

どうすれはいいのか

どんなことしたら悪化するのかを医師に聞く必要があると思います

病気を良くするのも

悪くするのも

【毎日の生活習慣】にかかってくる

それは言えると

思いますね…