ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

皮膚がカサカサ…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日は1F生理機能検査を担当していました

【皮膚がカサカサ】

これは心電図検査する際に 困ったことでした

患者さんは 長年透析をされている人でした

皮膚はかなりカサカサ… 皮膚の色はどす黒い感じでした

以前アトピーの患者さんが 全身痒みのため かきすぎて…酷い状態になっていました

より酷くならないように乾燥防止用のクリームを塗っておられました

心電図の吸盤や 心電図シールすべて 剥がれるのです…

心電図を記録するのに… 【10〜20秒】程度あれば完了します

でも その数秒も心電図シールはくっつかないんですよね…

結局は 着ておられる少しきつめの上着で 心電図の吸盤を押さえることで

数秒を乗りきりました

それでも 満足するほど きれいな波形ではありませんでした

このような検査で

皮膚が思いっきりカサカサ…

難易度高いです

筯幅の広いサージカルテープも考えましたが テープ自体が皮膚につかないんだろうな

あとは…

筯皮膚が本当に弱く

テープかぶれがある なんて言われると

もはや最悪にピンチである…

いろんな仕事があり

いろんな患者さんがいて

その場その場での

工夫は 大切やなと

感じたエピソードでした