ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

靴の磨り減り方…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日は1Fで生理機能検査を担当していました

【靴の磨り減り方】が人によって違うと感じました

検査によっては

靴を脱いで ベッドにあがっていただかないといけない項目があります

心電図やエコーなどをはじめとして いくつかあります

その際に どうしても 靴の磨り減り方に目がいきます…

同じような環境下で働く皆さんは どう思いますか?

人の履いている靴の磨り減り方… そんなに 見たりしないでしょうか

私は ふと 【この患者さん】は 足のどの方向に重心があるのか

靴の磨り減り方を見て

一人で納得したりしています

ということは…いかに

お手本(きれいな)となるような 重心の賭け方…

お手本となるような きれいな歩き方…をされている人はなかなかいないということなんです

歩き方が 仕事になるモデルは別として…

私たち 一般人は ほとんどの人が 重心がずれ いつも靴の磨り減り方に偏りがあることがわかります

では、なぜ重心が気になるのか…

重心のズレ は まっすぐな姿勢で歩行できてないことにつながります

そのため 体のどこかに 必ず 負担がかかっています

また 体の歪みがあれば 自律神経失調症につながりかねません

体の歪み…自律神経失調症…靴の磨り減り方…姿勢の悪さ などが関係してきます

職業病なんですかね…

どうしても そんな視点で患者さんを見てしまうのは…

皆さんは 人の どんな行動や外観に 注目されていますか?