ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

歩いた方がいいの?

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として

業務する毎日…

今日もさまざまな検査でたくさんの患者さんとでくわす

【歩いた方がいいの?】 そんなこと言う患者さんがおられます

患者さんは 高齢の女性です…

普段は 買い物もヘルパーにおまかせのようです

【生活の中で運動習慣はないのですか?】

【運動?】

【ほとんどしないよ】

【なんで?歩いた方がいいの?】

といい返されました

【なんで?】って私が思います

【運動しないと足がどんどん弱っていきますよ】【私、家の中で用事するのに動いてるし…】

【家事の他にも歩いた方がいいの?】

最近は 独り暮らしの高齢者が増えてきていますが この患者さんも独り暮らしらしい…

独り暮らしやから 大半のことは自分でしているのだろう…

買い物はヘルパーに任せているのは…歩く際にふらつきがあるかららしい

生活の中で運動を習慣づける理由としては…

筯体の衰えは足から

筯食べすぎを考えると運動で消費…

筯寝たきりをさける

筯歩くことで気分転換

などがある

あえて 時間のない方は 家事にて 出来る限り動くようにする (運動不足を予防するためにも)

年齢にも 差がありますが1日10000歩は目安に歩いて欲しいと考えます

普段から 少し早く歩くことを心がけ 息切れになれることをお勧めします

病気に関しては 常に前向きに取り組みましょう