ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

振り返ると危険…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日も理学療法士の先生方と入院患者さんのリハビリに励む…

リハビリ業務をする中で…注意が必要なこと

【振り返ると危険】

ということです

さて、どんな話か…

毎日の検査技師の業務の中で…【チーム医療】として関わる内容もあります

その一つが【リハビリ】です

その日に理学療法士の先生方が 施術しないといけない多くの患者さんがいます

時期により 患者リストは溢れかえることもありますし 患者数が乏しい時期もあります

また理学療法室の中では 私たち検査技師が携わる心臓(運動)リハビリの患者さんだけがリハビリをされているわけではありません

他の診療科の患者さんも もちろん、同室の別の器具を使いながら 訓練をされています

ということは…

急に振り返ると 別の(誰か)患者さんにぶつかるかもしれないんということです

実際に…ぶつかりそうになったこともあります

患者さんたちは 毎日のリハビリで 1日でも早く 退院できるように 運動機能をあげるために頑張っています

また今の体の現状を確認しています

そんな大切な時期に

【ぶつかり】そして【転倒】させることは避けたい

いや…避けたいではない 絶対に避けなければならない

【ぶつかる】事象がおこる背景には…決まって

【焦り】や

【周囲の確認不足】

があるだろう

機敏な高齢者はいない

入院を余儀なくされてる方に機敏な動きはできません…

周囲で働くスタッフが転倒を予防しないといけないのです

その立場にあるスタッフが【ぶつかり】【転倒】させる

絶対に避けたい事象です

ふと 頭を過るエピソードでした