ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

よっこらしょ…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日もたくさんの患者さんと検査で携わりました

その際に…

患者さんが動く度に発する言葉は

【よっこらしょ】とか【よいしょ】でした

【かけ声せえへんと、立てんようになったらあかんな…】とも言われる

筯かけ声というか

【勢い】をつける意味合いで声を発してしまうんだろう

高齢になると、体の機敏さは無くなりますし、動くだけでも大変やと思います

本当に多くの方が

かけ声をかけた後で…

【ごめんな…動作は遅いし、かけ声ばっかりで全然すすんでないし】

【本当に嫌になるわ】

と言われます

また、長い時間横になった後で(例えば朝方)…さっと 起きる

なかなか できなくなるんですよね…

多くの患者さんの意見や 動作を見させていただいて思うことは…

同じように動くなら

少しでも【機敏さ】のある動きを 意識しながら 動くように訓練しておきたいなと感じます

こんな状態で

さらに【腰痛】や【膝痛】などの関節痛が入ると本当に生活は大変になるだろう

高齢者になると

【劇的な改善】って無いと思います

出来るだけ【現状維持】に努めることが大切なんだと痛感する今日この頃です