ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

排泄の介助…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

先日、ある入院患者さんが言っていた話…

その内容は

【排泄の介助】

でした…

さて、その方は 高齢の女性患者で 心臓のバイパス手術を受けられていました

今は術後で 運動リハビリを兼ねて 少しずつ動けるように なっています

手術術後は集中治療室(ICU)にて 動作の介助やら 排泄の介助やら スタッフからのサポートを受けます

今は月日もたち 自分でトイレも行けるようになりました

【あの時は本当に嫌でした】

【え?スタッフからの手厚い看護で…】

【何が嫌か】

【排泄の介助よ】

【…】

【そうですよね】

【ましてや、寝ながら排泄はしにくいですもんね】

【できるもんじゃないですよ…】

【他はなんとか】

【排泄の介助だけは二度とされたくないですね】

【今はこうして自分でトイレ…排泄ができる】

【本当にありがたいことです】

【そうですね】

【生まれて初めてこんな経験したから…】

【健康の有り難み…つくづく感じますよ】

やっぱり人は

【健康】で【何でも自分で処理】できないとだめですね…

そんな話をしていました

【排泄の介助】

本当に【嫌】というか

【情けない】というか

排泄うまくできない

ものですよ…