ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

足腰は強いよ…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日も理学療法士の先生方と入院患者さんのリハビリに励む…

その中であまり

あてにならないだろう

エピソードがあった…

さてどんな話か?

その患者さんは

【俺、足腰は強いよ】と言われる

男性患者さんであり

年齢は80歳を越えようとしていました

(もうすぐ誕生日)

【入院前はよく足を使う運動してましたか】

【人は足から衰えるって言いますから】

【それはよく聞くな】

【…】

(さては運動しないな)

【今日は坂道10分の運動しますが、終わったら息切れの度合い教えてくださいね】

【…】

【よく歩け歩け言われると思いますが…結論としては寝たきりにならんといて欲しいんです】

【寝たきりか…なりとうないな】

【寝たきりになる人の特徴は…やはり足腰使った運動が足らないことやと思います】

【でもその前に…背景に息切れがあるからやと思います】

筯息切れがある

筯息切れするから運動したくなくなる

筯または息切れしないように生活する

筯そんな生活ばかりしていると…足腰が知らぬ間に衰える

筯衰えた足腰で起こることは【転倒】である

ここで骨折しようもんなら 最悪だろう

さて筯筯さん…

【今の坂道運動は息切れはしましたか】

【いや、せえへんかったよ】

【でも…前日の坂道運動から右足に身入ってるからしんどいな】

筯身入ってる…

おそらく普段使ってないところの筋肉痛だろう

【弱ってるんじゃないですか】

【いや、足腰は大丈夫や】

【なんせ…小学校のとき陸上してたからな】

(ちょっと待ってください…何年前の話なんですか)

人の話は…

昔の栄光を絡ませて話すことが多い

【小学校から陸上やってて今もぼちぼち走ってるって話ならわかるんですけど…】

本当にびっくりしたエピソードでした