ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

転けたらあかんよ…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

理学療法士の先生方と入院患者さんのリハビリに励む…

【転けたらあかんよ…】リハビリ中に 患者さんにかける言葉です

高齢者になると 体力や気力は思った以上に低下するだろう

【こんなはずじゃなかった…】

…よく耳にする言葉です

【高齢者の特徴】

筯行動が遅い

筯しんどくならんように生活をセーブされる

筯走らない

筯自転車は危なくて乗らない

筯タバコ買う時も車を使う などがあげられる

運動から遠ざかる生活は 次第に足を弱らせるだろう…

リハビリしながらかける言葉…

【転けたらあかん】

【ギブスなんか着けたらもう終わりですよ】

【そうやね】

普段から 【転けない足をつくる】

これは高齢者にとって 大切な課題です

いや 若い年代の人達も含めての課題です

普段から 今持ってる体力より 少しキツイ運動をする習慣をつけないといけないだろう

そう考えると…

マラソン大会に出ている または 普段から 走ってる高齢者は本当に凄いと思います

運動が嫌いな人は

寝たきりまっしぐら

かもしれない…

それが嫌なら

転けない足をつくろう…