ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

自信過剰…だめですね

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

先日、残業で採血していた時の話

【自信過剰…だめですね】

残業しながら いつものように採血患者さんを待っていました

【あっ…見慣れた患者さんや】(心の声)

【採血お願いします】

(見慣れた女性患者さんでしたし…今まで採れなかったイメージはなかった)

【筯筯さん、こんばんは】

【あっ、いつもの方ですね】

【はい、覚えてくれて嬉しいです】

(しばらく準備…)

では…

【採血しますので腕出してください】

【ちなみに名前もお願いします】

【筯▲筯子です】

【ありがとうございます】

筯右腕を出される

筯痛くしたら嫌ですよ

と言われる

【いや、針さしますからね…】(単なる言い訳)

【大丈夫です、任せてください】

(そんなこと言っていいのか…)

ところが…

(よく見えてる血管でした)

【え?】(採ってる本人が口走る)

【え?失敗したんですか?】と騒ぎだす

【本当にすみません、自信あったんですけど】

(言い訳ばかり)

【すみません…もう一度させてください】

【いつも一回で成功してはるのに…安心してたのに】

【本当にすみません】

【次で終わりにします】

ところが…

【え?】

【え?失敗?】

【うそ…】

筯血管らしいところを刺した感触はあった…

でも全く逆血はない…

筯少し奥まで刺すか

筯止めておくか

考えてるのを察知され

【ぐりぐりするの…止めてください】

って言われる

【わかりました】

【すみません、違う技師に替わります】

【…】

この女性患者さんは文句いいの人でしたが…いつも私が一度で成功していたことから

あえて何も言わずに

帰られました

(替わりの技師は成功)

調子の良いときは

本当に自信過剰になってるのかもしれない

普段うまく事が運んでいてもあえて【謙虚】にとり組まないといけなかったんだなと感じたエピソードでした

自信過剰…

本当にだめですね