ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

なんで低いんやろ?

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

 

臨床検査技師として業務する毎日…

 

入院患者さんにリハビリをしながら会話する日々

さて…

【筯筯さん、おはようございます】

【あっ、おはようございます】

【体調どんな感じですか?】

【そうやな、まあまあかな】

【その言葉…良くも悪くも聞こえますよね】

【えっ?まあまあってことは悪くないってことですよ】

【そうですか…】

 

【血圧測りますね、透析されてますか?】

【失礼やな】

【いえいえ、そんな意味ではなくて、シャント側の測定はだめなので…】

【ごめんごめん、わかってるよ】

【透析なんかしたぁないからな…最悪やから】

 

【血圧は右腕で80/52】【低いですね】

【もう一度測りますね、左でさせてください】

【…】

 

【なんか低そうですね】【72/49】

【なんでこんなに低いんやろ?】

【普段どれくらいなんですか?】

【120…の80くらいかな】【今は薬で下がってるんですね。】

【廊下とか…歩いてますか?】

【いや、今はまだ看護師さんが歩くな…いいはるから】

【人は立って行動するから血圧が上がるんです】【ゴロゴロ寝てばかりの人はそんなに血圧いらないでしょう】

【あっ、それでか…】

【それだけではないし、手術後とか血栓症がらみとか】

【悪い状態にならんように下げてるんだと考えますが…】

【仕方ないことなんやな…】

【…】

 

入院患者さんにとって いろんなことが不安材料になるだろう

 

その一つが【血圧】だ

必要以上に不安にならないように話をしたいと思います