ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

逆に…どこか悪いのかと

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日も理学療法士の先生方と入院患者さんの運動リハビリに励む…

こんな話をされていた患者さんがおられます

【逆に…どこか悪いのか】と。

さて、どんな内容か

自分の体は 【自分が一番よく知っている】はずですよね

筯調子が少し悪くなった

筯調子が改善してきた

筯一旦治ったけど また症状が出始めたなど…

普段のちょっとした変化に敏感になって欲しいと思います

さて、話をリハビリ患者さんに戻します

患者さんの運動前 血圧をはかります

【92/49】

【え?何でそんなに低いの…】と驚かれる

【筯筯さんだけやないですよ】

【みんな一律血圧下がってますよ】

【本当にか?】

実際に【心臓】への負担を少しでも減らすことが大切です

ここで考えて欲しいのは【血圧低下時の落差】です

例えば…

元が

【110/51】の人が

【86/43】という落差 と

【189/112】の人が

【93/48】という落差とでは かなりの差があります

前の患者さんは…症状などはなくて ただ数値が低いなと話される

後の患者さんは…本当にしんどいと話される

(どこか悪いのか?)

健康のバロメーターの中に【血圧】もあります

人の体は あらゆる環境に対して

ホメオスタシス(恒常性)の作用で ほとんどのデータは一定に保たれている

患者さんにとっては

いつもより 下がってる

いつもより 上がってる となると

逆に【どこか悪いのか】と不安になるのです

【心臓の負担を和らげるために…】

血圧を少し下げてることをお伝えするようにしています