ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

本来の味付けなんだろうな…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

日常の運動リハビリで関わる患者さんは大半が循環器科の人たちです

病院食の味付けに関していろんな意見が飛び交う…

そんな方は大抵

次のような特徴がある

食事の面では

筯塩分のとりすぎ

筯水分のとりすぎ

筯美味しいもの食べてたら健康維持できると思っている

運動の面では

筯基本的な運動不足

筯自分にあった適度な運動をしていない…

筯歩いてればいいと思っているなど…

何人かの人が言っておられました…

また

【病院食は味付が薄い…はっきり言って美味しいとは言えない】

【喉を通らない】

【何食べてもおんなじ】【余計に喉が渇く】

といった声が聞こえて来る

食事だけに目を向けるなら 退院後は脂っこいコッテリしたものは出来るだけ控えて欲しい…

かわりに野菜や魚 海藻 茸類などをメインで食事して欲しいと思います

筯味付けに関しては…

入院してはじめて

【こんな薄い味付け】にびっくりされる人の方が多い印象です

よほど 普段の味付けが濃いものなんだろうな…

でも 患者さんの中には…文句をいいながらも

【これが本来の味付けなんだろうな】と話す方もいます

【退院後、あんな食事にかえれるかな】

【嫁さんに言っとかないとあかんな】と言われる

やっぱり

美味しいものには リスクがついてまわるものなんだろうな

毎日のことやから

【たまには美味しいもの食べたいな】くらいにせなあかんのやろうな…

患者さんは今回の【発症】に懲りたみたいでした