ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

自己退院言いふらす…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日も入院患者さんに運動リハビリを施す…

さて、患者さんの…

筯症状の軽減や改善

筯動作ADL向上

(日常生活動作レベル)

双方の進み具合で退院が見えてきます

医師(主治医)はそれらを総合的に判断しますし

理学療法士から退院に向けての評価をうけとる

しかし、中には

【もう退院らしいで】と自己退院言いふらす患者もいる

【あっ、そうですか】

と話を終わらせ

ふとカルテを眺めても

どこにも退院情報は記載されていない

つまり、患者さんが勝手に【退院や】と言ってるだけということになる

誰も退院なんて 一言も話してないのに 勝手に言ってる人がいるんですよね

それでも医師の指示に従わない人であるなら

本当に 放り出される(ある意味退院か…)こともあります

退院後 自己管理できる人なら いいのですが…

単に自分勝手な人なら 本当に論外…

お互い人間関係で成り立っているので 医師からも 看護師からも まわりのスタッフからも見放されてしまうことになる

過去にそんな患者さんもおられましたが 退院後 どうしてはるのやら…

自己退院でなくても 何度も 【入退院】繰り返す患者さんも少なくありません

そう考えると

本当に【自己管理】って大変なんですよね…

やっぱり 入院期間中くらいは 心の中では文句言ってても

表面上は うまくやりすごさないとだめですよね…

人生の長さから考えると 短い期間だ…

頑張って患者さんたち…