ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

一旦 もどりますね…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

ときどきあることですが

リハビリ室まできた入院患者さんをつれて再び病棟にもどらないといけないエピソードがある…

【一旦、もどりますね】 こんな感じか…

筯リハビリ中に急に血圧がさがった

筯しんどいしんどい言われる

筯眠くて姿勢保てない

筯便がでてしまった

筯転倒した

筯嘔吐した

筯傷口からの出血

などです

今回のエピソードは

その中でも…

リハビリ室の中で便をしてしまったときでした

その男性患者さんは

ここ数日 便通はなかったそうです

【お腹は張ってるんですか?】

【いや、それが全然張ってる感じせんのや】

【ここの食事では押し出すほどの量ではないから便でないでしょう】

【もっと腹いっぱい食べなあかんな】

【下剤や浣腸はされましたか?】

【はい、今朝下剤使ってます】

というわけで…

数日便通なかった患者さんが 無事便だされたというエピソード…

それはそれでいいこと 【良かったですね】

なんですけど

場所がリハビリ室なもので あっというまに【便臭】は漂いました

大急ぎで ディスポの手袋をし オムツからもれた下痢便を処理…

床や車椅子についた便の処理も含めて…

手際よく片付け…

【さあ病棟にもどりますね】

そんなこんなで…

また院内感染の問題も 考えなければなりませんので…

下痢や嘔吐物は最悪ですね…

筯他の患者さんへの迷惑筯下痢や嘔吐物の処理の仕方など

速やかにしなければならない

本当に大変だ…

患者さん本人には 罪はありませんので

【急いで病棟にもどりますね】と声かけします

そのあとで 患者さんのカルテを眺め

感染の対象疾患をお持ちなのかを確認します