ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

早く病院にきて…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

入院患者さんと運動リハビリをすすめる中で

お話する高齢者にある

共通点がある

【休んだら症状おさまるし…】という発言です

以前お話した患者さんは 水分貯留によるむくみ…【うっ血性心不全】の男性でした

また最近お話した患者さんは【心筋梗塞一歩手前…狭心症】の男性でした

なぜか 患者さんは男性が多い印象なんですよね…

それはいいとして…

多くの方の話の中である共通点がある

【動いたらしんどい】

【休憩したら治まる】

【治まるから大丈夫】

【病院にはいかない】

となるらしい

病院嫌いな人は少なくありません

むしろほとんどの人が病院嫌いなのだろう

一般的な人は 【病気】だと認識しても 【治まった】ら いいか…とされている

でも病気に限っては

【症状】がでてるということは 【オーバーヒート】寸前だと言えます

本当に爆発寸前のところで入院してくるのはやめて欲しいなと思います

筯治療がしにくい

筯入院が長引く

筯本人もしんどい

が予想できます

人の体は…そこまで強い自然治癒力はないのです

何でも早めがいいですよ…

今 自宅で症状お持ちの方…ちょっとでも早めに診察にきてくださいね