ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

経験しないとわからない…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

糖尿病で入院されている患者さんとの話…

【経験しないとわからないな】と言われています

患者さんには

低血糖症状を経験されたことはありますか?】と質問していました

【ないんと違うかな…】【なんか他人事のような言い方ですね】

【実は低血糖を経験したことないからわからんのですわ】

どんな症状が【低血糖】なのか…がわからない

そりゃそうか…

一度でも経験し

それが【低血糖】だと認識したら 記憶に残るだろう

このエピソードの最中に…別の話をふと 思い出しました

それは…

【私、自転車乗ったことないねん】でした

検査で自転車使う

筯心筋負荷シンチ

筯心肺運動負荷試験

など

適当に自転車こいでくれたら なんとかなるんだけど…

【私、自転車乗ったことない】からの理由で

やろうとしない…

先ほどの【低血糖】の話と似通っているけど

【こんな感じなんだろうな…】とか

【こうすればうまくできるんだろう】とか

そう考えられないのだろうか…

人は経験をたよりに

筯筯していることがわかりますね…