ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

リハビリ頑張らなあかんね…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日も理学療法士の先生方と入院患者さんのリハビリに励む

患者さんの中には

入退院を繰り返している人もいます

【またリハビリすることになりましたね】

【リハビリ頑張らなあかんね…】と言われる

何度も 入退院を繰り返すことから…

退院後の家庭環境が

【予測できます】

退院後の生活習慣が

【予測できます】

筯家族さんが病人に優しい…

筯家族さんが病気に対して知識がない(勉強していない)

このような患者さんが再入院してくる…

リハビリの依頼が入ると 決まって…

【リハビリ頑張らなあかんね】と言う

本当に心からの言葉だろうか…

スタッフに対する

先生に対する

【表面上の作り】

なのかもしれない

また入院患者さんを眺めていると

基礎的なことに

【生活習慣の乱れ】があるように思います

今回も 前回も

すごく嫌な思いを

されたはずやのに…

入院されて症状治まると すぐに嫌な思いを忘れてしまうんだろうな…

そう感じるエピソードでした