ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

ごめん…でてもた

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

入院患者さんのリハビリに励む今日この頃です

【ごめん、でてもた】

と言われ…頭の中 真っ白になりました

さて…どんな話か

入院中の患者さんの食事の配膳を看護師さんがしてくれる

下膳は自らされている人もいる

昼間 検査がなければ ほとんど動くことはないだろう

廊下のトイレにいく

廊下の休憩室にいく くらいだろう

やることがなくても 極力歩いて欲しい

いや むしろ やること(歩くこと)を作って欲しいと思います

さて、今日もリハビリ室で歩いた患者さんを送迎…

【筯筯さん、今日もお疲れさまでした】

【いえいえ】

【さあ、お部屋につきましたよ】

【あっ、先生…ベッドの上の方までかかえあげて…】

【私、腰が痛いからあまりできんよ】

【できるだけ足をたてて自分であがるようにしてくださいね】

【はい】

【それじゃかかえあげますよ】

【よいしょ…】

【ぷぅ…】

【…】

【ごめん、でてもた】

本当に言葉がなかった…なんて言ったらいいやら

力入れたら

でてもたんやろうね

なんとも言えないエピソードでした