ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

弱るのは足から…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日も理学療法士の先生方と入院患者さんのリハビリに励む…

私が担当している入院患者さんは心筋梗塞の方が少なくありません

そんな患者さんとの会話より

【弱るのは足から】という話をよくします

心臓がらみの病気をされた方は 運動することを極めて不安に思います

我々スタッフと一緒に 入院中の運動をしながら 症状を確認していきます

視点は…もちろん

【退院されてから】です

今はスタッフと一緒にリハビリしてるからいいですが…

退院後 何を目安に

誰に 指示をもらうか

どんな運動までしていいのか など

すべてがわからないんじゃないでしょうか

その結果… 運動が怖くなり 心臓に過保護になり

家で ほとんど動かない となりかねません

あまりにも 心臓過保護になりすぎると 運動不足から 【足】の衰え が目立つでしょう

年をとり

足の肉がなくなり

細いカモシカのようになってしまうと

どうにも取り返しがつかなくなります

【昔に比べたら】ずいぶん足が細くなった…という入院患者さんは多いと思います

【本当に情けない】

よく耳にする言葉です

心臓疾患の怖さ…

筯運動から遠ざかる

筯しんどくならんようにぼちぼち動く

そしたら

気がつかないうちに

足は衰えていくでしょう

入院中の運動リハビリの目安…

Borgボルグスケールで

軽い息切れ を確認しながら運動リハビリをしています

入院患者さんにも伝えています…

私らスタッフもですが

筯今持っている体力よりも少し疲れる程度

筯少し体が火照る程度

筯少し汗ばむ程度

筯少し息があがる程度

の運動を ほぼ 毎日…

お願いしています

そして…

【入院前に味わった症状】をしっかり記憶し…

再び症状でたら(前と同じか)病院にくるようにお願いしています

あっ…

一つ大切な言葉

【足の衰え】が進行すると【寝たきり】につながることも話しています

【足の衰え】よりも怖い【寝たきり】…

そうならないように

無理のない運動計画を立てましょう

【再発】と【寝たきり】 両方同時進行で予防しましょう