ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

妙に我慢強い…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

入院されている高齢者さんらの検査時によく質問する内容…

それは…

【症状に対して妙に我慢強いですか】 です

【どうにも我慢できなくなったら病院にくるんですか】

【そうやな…】と言う

多くの高齢者に聞きましたが 我慢される人の方が多い印象です

なぜ我慢するのか?

筯まさか自分が病気だとは思わないから

筯昔から体は丈夫やったから(体の強さに自信)

筯症状あったけど 休んでたら 治まるから

これらは男性に多い返答です

女性患者さんの多くは 症状に対して不安を感じ 早めに病院にくる

さて、大半の男性患者さんが言っている

【休んでたら治る】という答え…

これは非常にあぶない考え方だろう

原因が完全に治っているわけではないからです

一時…治まっているだけ…

またある男性患者さんは 【病気に対して怖がり】らしい

【病院で診察うけて厳しい診断結果を伝えられる】ことが嫌なのだそうです

筯入院時間の無駄

筯入院費用の無駄

筯周囲への迷惑

などさまざまな問題がある

ある男性患者さんは

【昔は病気一つしたことなかったんやけどな】と体が強かったことを話してくれました

若い時期に【体が強い】と【自分は病気しない】だろうという意識があるためか…【妙に我慢強くなる】らしい

我慢は得策じゃないんですけどね…