ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

たまには…せなあかんな

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日は1F生理機能検査を担当していました

お逢いした患者さんが話した言葉…

【たまには…せなあかんな】でした

さて…どんな話か

検査は【肺機能検査】でした

【筯筯さん、肺活量測定しますね】

【初めは楽に安静な呼吸お願いします】

【次にかけ声したら、吐ききる。限界まで吸う。限界まで吐く】

1回しかやりませんので頑張ってやってください…

(こんないい方するのは、しんどい検査やから何度もするものではありません) 少回数で決めた方がお互い楽ですので こんないい方するのです

実際に患者さんも 少回数で 早く終わる方がいいようです

【はい、勢いよく吐いて…もっともっと】

とかけ声すると

【あっ、あかんな】

【しんどいわ…】という

筯タバコの吸いすぎ

筯継続する運動不足

それが主な原因…

やっぱり 普段から

しんどい動作に慣れとかないとだめやな 思います

そんな人に限って

【周りに走ってる年配の女性みたわ】

【本当にすごいな思うわ】と言われる

けど…

けど…

【すごいな思う】と言うだけで…

明日からやるという人いないですよね

そこが大切やと思うんですよね