ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

足切る言われた…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日

入院患者さんの検査をしながら…

患者さんが放った言葉…【先生に足切る言われた】んですよ

さて、どんな話か

検査名はSPP

皮膚かんりゅう圧測定…

元々持っておられる持病には【糖尿病】があります

また【動脈の硬化】を指摘されていました

本人が訴えている症状には【数m歩いたらでる足のだるさ】があります

さて、SPPの結果としては【良いものではありませんでした】

今まで足を切られた患者さんは何人も見てきましたが…

すべての【足を切った後】の話…

【切られる直前の患者さん】と話する機会はなかったんです

人はどんな悪い状態の足であっても 【切断するから】と告げられると

【ショックの大きさ】は計り知れないし

もう遅いのに【なんとかできないものか】って考えるのです

病気は そんなに短期間で成立するはずはありません

必ず 途中で

【何かしらの自覚症状】はあったはず…

そんな【ちょっとした自覚症状】に気づくか気づかないかの違い

悪くても 切らなくてもいいように…【何かできること】を探そう

そんなこと感じるエピソードでした