ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

誰かが穴埋め…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

入院患者さんと運動リハビリをする中で

ある話をしていました

【誰かが穴埋め】という話です

今、患者さんは体調を崩し 入院されている

それは長期の休みをとっているわけではありません

つまり、突然の入院…

自分の仕事の穴埋めを誰かがしているということになります

筯すべての業務を

すべてのスタッフができるとしても…

筯入院された患者さんの業務を一個人の方が代行されたとしても…

結果として

その歪みは発生しているのです

そして誰かががんばらないといけません…

【病気やから仕方ない】という言葉もありますが

その前に

【病気にならない工夫は出来なかったのか…】

筯生活習慣の問題が問われるだろう

【そんな場合の対策】

病気になるのは お互い様…ということにして

出来る限り 早く退院できるように

そして 再入院しなくてもいいように 工夫が必要だろう

この話題で話してくれた患者さんも…

【いや、職場の人には本当に迷惑かけたと思う】

【取引先にも業務が滞るという面で迷惑かけたと思います】

病気になると

【お金】も【時間】も

もったいない…

これはよく話す内容です

日頃から

病気しない工夫や 早期に回復できる対策…

を考えてないといけないなと思います