ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

ある日突然だったから…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日は1F生理機能検査を担当していました

【ある日突然だったから】今日お会いした数名の方が おっしゃった言葉でした

今日 していた業務は

【SPP】という検査名… 皮膚かん流圧測定

心臓から遠い末梢の血流の良し悪しを評価するものです(主に足背や足底の血流を評価)

検査を受けにこられた方がたと 話をするなかで

共通する因子がある…

それは【糖尿病】を患らっていたことでした

検査した患者さんたちは 皆さん 足は壊死(腐り皮膚は黒色化)していました

【糖尿病が原因なんですよね】

【わかってたんです】

【前もって症状ってわからなかったんですか】

【本当にわからなかったんですよ】

【本当に短期間に症状がすすんで】

【本当に短期間やったら対処できなかったでしょう】

【本当に短い間で…足先が冷えるようになったんです】

【あっ、血流が悪くなって…】

でも足先の冷えだけやと 病気って気づかないやろうな…思います

多くの人を検査していると 本当に 足は壊死におちいり 切断されている人もいる

しかし 中には 切らなくてもすんだ人もいる

医師の判断にも よるんだろうけど…

患者さんらは言っていました

【なんとか切らなくてもできる方法ないんかな】

現実…難しいですね

どんな病気も 本当に怖いですね