ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

車やバイクを多用するわけ…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

出会す患者さんとの会話の中で…ふと考えることがあります

【動くとしんどいから車やバイクを多用する】という話

ここで…

人が生きていく上での

楽しみとは何でしょうか

それは 最後の最後まで

自身の足で 思った場所に移動できることではないでしょうか…

また…

生きていて おもしろくないことって…

それは【寝たきり】ではないでしょうか

誰もが 年齢を重ねる度に 【動くとしんどいから】と言うのかもしれない

皆、同じように…

若い頃のような機敏な動きはできなくなってきます

気を緩めれば

体力はだんだん右肩下がりになるでしょう

今できることは

右肩下がりにさがる体力を できる限り維持する

こと…

ちょっと考えてみて欲しい…と思います

【しんどいから】って休めば治るのでしょうか

症状は治まるだろう。

しかし原因がなくなったわけではありません

今 患者さんたちに話したいのは…

【しんどい】からと息切れを基準に生活されていると 今まで健康だったパーツの機能低下が起こるだろう…

いったい何人の患者さんが 【そのこと】に気づいているでしょうか…

気づいていたら

体力の維持に向けて

工夫して欲しいなと

思います

【しんどい】って言わなくなること…

願ってます…