ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

なんなん、あのナースの言い方は…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日も入院患者さんの検査を担当していました

【なんなん、あのナースの言い方は…】

尖った口調で話される男性患者さん…

たった数日の入院期間… 我慢しようと思えば できる期間かもしれない…

しかし、男性患者さんは ナース(スタッフ)のほんの些細な発言や態度が気に入らなかったようです

お互いに人間やからミスもある…

うっかりした発言もあるかもしれない

いつも丁寧な言葉での対応もそう簡単なものではありません…が患者さんからみたスタッフは すべて完璧に返答して当たり前なのです

いろんな人間の集まりですので、中には感情を伴い行動や発言されるスタッフもいるだろう…

【結論】

毎日の生活の中で人はストレスを抱えて生きています

本来は、ストレスを溜め込まないように工夫しなければいけませんが

業務中に…ふとしたところで出ているように思います

また、病院で入院されている患者さんは…スタッフのいろんなところを見ていることを忘れてはいけません

毎日の業務が忙しいというのは理由にはならない

患者さんや その家族…はスタッフがする ちょっとした行動を見ていると考えた方がいいでしょう

今回の患者さんの発言をきっかけに

【我が振り直せ】しようと思います