ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

検査のドタキャン…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

外来患者さん と 入院患者さんのちがい…

それは【検査のドタキャン】があるかないかではないでしょうか…

入院されている患者さんなら 検査の予約を ドタキャンはないだろう

(でも体調や急変はあるかもしれません)

しかし、外来患者さんにはドタキャンは現実にあるのです

予定の時間前に来られていなければ 病院から自宅や携帯に電話をすることもあります

私の身の回りの検査は 費用の高い検査が少なくありません

中でも ドタキャンされて困る検査として

【心筋負荷シンチ】があります

この検査には

【放射性同位元素】が使われ 元素は半減期が特徴としてあげられます

ドタキャンされ 他の入院患者さんで 同位元素をが使うことができなければ

20000円くらいの費用を無駄に捨てることになる

半減期があるために

その日のうちに使用しないといけないのです

患者さんは検査に関しては詳しいことは知らない人が多いです

わかっていて急に ドタキャンする人も中にはいるだろう

予定の時間に遅れて

来られる人もいるだろう

連絡もせずに

ドタキャンする人もいるだろう

【結論】

自分のとった行動が周りに与える影響はないかを考えて欲しい

遅れてきたらどうなるのか

検査ごとに決められたルールを守らなければ どうなるのか

考えて行動して欲しいなと思います