ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

介護って大変…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日も理学療法士の先生方と入院患者さんのリハビリに励む…

まだ自立歩行が許可されていない患者さんは車椅子搬送しなければなりません

搬送した患者さんと…

【介護って大変】って 話をしていました

患者さんは年齢60歳前後の男性です

男性患者さんは日常生活の中で ほとんど運動はしていなかったとのことでした

患者さんは今、慢性心不全の診断で入院されています

元々運動が嫌いだったことや、少しの動作で息切れもしていたため ほとんど動いていなかったそうです

今でも【ほとんど動かんよ。動くのはトイレくらいやわ】と言われる

そんな患者さんが持つ持病…それは

【腰痛】と【膝痛】でした…

ともに後々 寝たきりになりかねない症状ですね

患者さんに よく話をするのは…【自分のことは最後まで自分でしたいですね】という内容でした

【そうやな、寝たきりで便や尿の処理はしてもらいたあないな】

【そうですよね】

【他の病気で入院されている患者さんにも同じように声かけしています】

【立位でのめまいや立ち眩みはないですか】

【はい、ゆっくり動作したら大丈夫です】

【歩行時にふらつきはないですか】

【はい、大丈夫です】

【寝たきりにならないためにも、足を使って運動をすることが本当に大切だと感じています】

筯立てることの嬉しさ

筯行きたい場所に行けることの楽しさ

筯介護(排泄)されることの情けなさ

筯介護することの大変さ

やっぱり自由自在に動き廻れる楽しさを考えると

普段から足を使った運動習慣…

大切やと感じます