ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

慣れてきたら…まんざらでもない

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日もさまざまな入院患者さんと話をします

最近、このような言葉を聞きました

【慣れてきたら…まんざらでもない】

さて…何の話か

実は 入院中に出される食事のことでした

筯筯さんは心筋梗塞で緊急の心臓カテーテルをされています

最近では 心筋梗塞は40歳代の患者さんも仲間入り…

【え?そんなに若くして心筋梗塞になるんですか?】

【なる時は…なる】

【関係ないんですよ】

ところで…

【ご飯の味付けはどうなんですか?】

【もう、最悪ですわ】

【味が薄くて…食欲わかないんですよ】

【でも食べないと】

【他に食べるもんないでしょう…】

【水分も足りなくてカサカサなんですよね】

【カサカサやから喉に引っ掛かる感じがします】

筯…という印象をもつということは

普段味の濃い食事を摂られてるって話ですよね

水分もたっぷりなんでしょうね

病院食も…

【慣れれば…まんざらでもない】のかもしれない

【でも…】

【慣れるより先に退院になりそう】

そう感じる患者さんは少なくないはず…

【いや、たぶんそうでしょう】

そんな話をしていました

筯味の薄さ

→吐き気がする

筯カサカサのご飯

→喉に引っ掛かる

筯お粥の方がいい

筯パンの方がいい

という話をされる患者さんは少なくありません

病院食に期待してたら

エライ目に遇いますよ…