ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

皆さん、同じですか?

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日も理学療法士の先生方と入院患者さんのリハビリに励む…

【皆さん、同じですか】 そんな言葉を発する患者さんがおられました

さて…どんな話か

その方は 心不全の急性増悪で入院されている男性患者さんです

この男性は 過去にごく軽い脳梗塞をされていました

でも 外見は 全然後遺症を感じさせない程度のものでした

よほど発症後の服薬開始やリハビリ開始が 速やかに行われていたのでしょう…

周りの知り合いからも

【水飲め水飲め】と言われていたこと…

脳梗塞を再発させたくないという思い から

水をガバガバ…

本当に多量飲んでいたそうです

飲み過ぎたら 次はどうなる とかは 全く考えていなかったそうです

それが原因か…

年齢的に 排泄能力の衰えか…

水が体にたまっていったようです

(うっ血性心不全)

今入院中の その男性は

疑問に思っておられます【皆さん、同じですか】

【誰でも水溜まるんですか?】と…

筯特に喉の渇きもないのに水を多量飲むこと…

筯年齢的に排泄能力が低下していること

筯運動しないため汗はほとんどかかないこと

筯しんどいのは年齢のせいにしていること

これらは発見を遅らせてしまいます

筯人は水の摂取量が違う 筯尿での排泄能力が違う 筯水や血液の循環が違う 筯むくみやすさが違う

さまざまですが

【皆さん、同じではないのです】

自分の体を管理してくれている医師が 指示した水摂取量が適当だと感じます…

周りの人は 簡単に

【水飲め水飲め】というけど 人の体の状態を最後まで責任もってるわけではありません

いろんな条件や 環境 体質は違うため 同じように考えてはいけないと思うエピソードでした