ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

食事減らしてるんですか?

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

先日、採血業務をしていた時の話…

患者さんは糖尿病と診断されている方です

(HbA1cが8〜9を売ろしています)

【食事減らしてるんですか?】と言う質問を患者さんにしています

【減らさなあかんと思ってるんやけどな、なかなか…】と返答が返ってくる

また、他の人で

【我慢するくらいなら、自己責任の中で病気が酷くなってもいいと言われる方もいます】

本当に難しいですね

食事と関係する病気…

また…

よく聞く言葉…

筯わかってる

筯思ってる

患者さんはよく使います

本当に【危機感】を感じてるのだろうか…

そこなんですよね

【危機感】なんです

採血時に…

【糖尿病の合併症】にならないでくださいね…

と言っています

【そうですよね…】

【合併症って失明や透析、神経障害がおこるんですよね】

【そんな状態考えたら…食生活考えなおさなあかんなって思います】

先ほど話した

【我慢するくらいなら】 という考え方…

【合併症だけは避けたい…】

【少しくらいの症状なら我慢する】という考え方…

人によって本当にさまざまな思い…

病気を完全に克服する(完治させる)のは 本人の長い…とても長い そして 強い決意がいることを改めて感じたエピソードでした

人の3大欲の一つ…

【食べたい】

長期戦には したくないですね