ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

ちょっと乱れるとだめですね…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

先日、睡眠時無呼吸の夜勤をしていました

その日はcpapという無呼吸の治療機器の設定圧を検討すべき日でした

風圧は強ければいいというものではありません

強ければ…無呼吸は減らすことができる

しかし、逆にリラックス状態では寝れない

風圧を下げれば寝つきは良くなるでしょう

しかし、無呼吸を改善させることができません

その方の体内脂肪の付き方にあった適度な風圧というものがある

先日の患者さんは…

cpapをつけながら

【呼吸のタイミング】を合わせていた

【脳波】上もよく寝れている印象をうける

ところが…

本当に 本当に 急に

脳波は乱れ

【うわっ】という感じでした

ナースコールがなり

部屋に伺うと

【呼吸のタイミングがずれた】ことを話してくれました

この患者さんに渡したマスクは鼻でも口でも どちらでも呼吸ができるフルフェイスマスク…

鼻でリズムよく呼吸していたのを いびきをかくため 口で呼吸されたのだろう

早くいえば

鼻と口の間で乱気流が起こったと思います

今まで多くの患者対応をしましたが

呼吸のタイミングか…

それぞれの患者さんの表現の仕方は違いますね

毎日の慣れで

【呼吸のタイミング】はかなり改善させることができる

先日の患者さんも含め

【治療という長い道のり…】

頑張ってください