ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

体力の消耗…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日は1F生理機能検査を担当していました

【体力の消耗】を考えないといけない

さて どんな話か…

今、実施している検査は【肺機能精密検査】

病院内では肺機能セットCで名が通っている

検査です

その患者さんの症状の特徴は…【咳】を頻発されていることでした

肺機能検査…

ただでさえ 吸ったり吐いたりしんどい検査やのに

ちょっとした刺激で 【咳】がでる患者さん…

【咳】がでるから ギリギリのラインで 吸ったり吐いたりをセーブされる

つまり…

咳しない程度に 楽に 肺機能検査をしようとする

【今のが…思い切りやった限界の呼吸ですか】

【いえ、全然余裕ありますけど…】

【すみません、もう一度やりますね】となる

肺機能精密検査は

しないといけない検査の数が計6つある

全力の結果も欲しいけど あとの検査にひびくことも考えられる

かなり休憩はさんでしていた患者さんもいる

そのやり取りが大変なんですよね

何しろ 【咳】ほど 体力の消耗が激しい動作はないからです

筯咳をするときは

大抵 喉が渇いていることが多いから 適度な(最小限の)量の水分でうるおしながら 検査をすすめています

加減されると検査結果に信憑性(しんぴょうせい)がないからです

【喉の潤い】と【咳】を考えながら 肺機能精密検査をしています