ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

その技…どう使うか

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日は1F生理機能検査を担当していました

今回の題名…

【その技…どう使うか】さて、どんな話か

今、目の前に置かれている臨床検査技師の【実習生のレポート】を眺める

学生が書く文章や レポートに目を通すとき…

毎年、ふと 自分のそんな昔を思い出します

自分と似たり寄ったりのレポート書いてんなぁ…

それが第一印象…

実習生のときは

先輩方がする仕事が

すべて初めて見ることばかり…

見るものすべてが

新鮮(感動)…それはそれでいいのですが

基礎知識がないときに

見学するから

見学の間に 理解 把握できないんですよね…

ここで大切なのは…

【いかにその場で見た現場を目に焼き付けておくか】だと思います

焼き付けてさえいれば

あとで 何を調べたらいいかがわかります

筯実習生のレポートを改めて見てたら そのときに現場で教えたこと…やはり 所々抜けてるんですよね

そんなもんですよね…

たぶん自分も 変わらなかったと思います

そして…

【ここは大切】って内容を赤ペン先生します

実習生の今の心の中は

卒業試験に合格すること国家試験に合格すること

国家試験合格に視点をおくか…

試験合格後の資格を利用して 何をしたいと考えるか

先輩方に教えていただいた技を…どう使うか

が大切やと思います