ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

えっ?まだ?

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

入院患者さんの中にも

血液透析を受けている人がいる

【えっ?まだ?】と心の中で思ってしまいました

さて どんな話か?

今日は 1F生理機能検査を担当していました

まずは spp

皮膚潅流圧検査をしようと準備をしていました

さて担当するべき二人の患者さんは いずれも

血液透析を受けている人でした

透析をされてる患者さんは もちろん 透析が終了してから 昼食となる

二人のカルテをひたすら眺め

【いつ頃、透析が終わるか?】

しかし 終わってから 昼食… そのあとで 検査だ

これは 夕方までに終わるかな…本当に不安でした

病棟に連絡…

【筯筯さんは昼食たべ終わりましたか?】

【今食べてますけど】

【え?まだ食べてはりますか…】

【わかりました…】と言うしかなかった

結局 一人目の患者さんを始めたのは 16:10でした

【うわ、これは本当に終わらんわ】心の叫び…

一人が終わり 二人目だ

しかし なかなか1Fまで降りてこない

【すみません…筯筯さんお呼びしたのですが】

【…】

今日の二人はともにベッドで下ろす人でした

【ベッドを搬送する人手が…今はないんです】

いや…最悪やけど 愚痴っても仕方ない

【わかりました】としか言えない

結局 二人目を始めたのは16:40でした

ましてや 二人目の人は 他の人の倍の検査項目数じゃないですか

これは本当に終わらん

ということで

今日は いろいろ悟りました

それは

筯透析患者さんは 朝イチから 透析があること

筯透析が終了後 昼食を食べること

筯食べる速さが人によって違うこと

筯透析が終了してから すぐに検査はできないこと

本当にいろいろ学びました

焦ってもダメなんです

【なるようにしかならないのですから…】

筯検査する検査技師

筯患者搬送する看護師  筯時間かかる透析

筯昼食を食べる速さ

筯検査中のやりにくさ

など…

想わぬところで 時間はかかるものだと感じたエピソードでした