ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

体に良いとわかってても…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

病院の中には

さまざまな薬

がある

さまざまな検査法

がある

その中で…

【体に良いとわかってても】ムリだと主張される人がいる

薬にしても…

あの人に効果があった

では この人も…

とても そうは いかない

患者さんと医師の信頼関係は絶対です

【体に良いとわかってても】受け入れられない薬もあります

これは医師への信頼関係がないわけではない

ということで…

ふと感じることは

結局 患者さん自身が

受け入れる

医師が決めた薬や 治療法を受け入れる

さて…この 受け入れ ができない患者さんが以前おられました

頭が良いのだろうけど

自己主張が非常に強い人…

退院後の生活指導が全くできない人…

退院後の運動は 自分でやっていくと主張される人…

好きなタバコが止められない人…

好きなお酒が止められない人…

医師は さまざまなタイプの患者さんと接し うまく治療していかなければならない

私なら

八方塞がりに陥る

だろう…って感じる

エピソードでした