ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

原因はそれか…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

糖尿病の入院患者さんの運動療法が始まった

【原因はそれか…】という話です

どんな話か…

この糖尿病入院患者さんは 高齢の女性です

【入院前の血圧は

200くらいあったよ…】と平然と言われる

【本当に200くらいあったんですか】

【はい、普通にありましたよ】

普通にあったけど…

むしろ普通ではない

血圧がものすごく高い… 元々の原因をさぐるのは至難の業…

とりあえず今の高血圧を下げることに 専念するべきだろう…

しかし…

普段 200くらいある人が 今は 105/82という低さでした

この女性が運動している間…(車椅子にて体操)

意識が飛んでいるかのように 寝る 寝る 寝る

【筯筯さん、体操中やから起きといて…】

【昨晩あまり寝れなかったんですか】

【そんなことないよ】

【よく寝れている】

ふと思った…

普段 血圧が高い人が

お薬で血圧を下げられる

筯活気は出ない

筯眠くなる

筯喋りもしない

筯意識が遠退く

元気に機敏に動くためには 血圧はある程度 必要だろう

105/82という数値は本来なら決して悪くはない数値です

ですが…

この女性にしたら

低すぎなんだろう

【原因はそれか…】

ふと思った

運動療法を頑張ってもらうためには 活気ついてもらわないと 効果は 全然です

その人にあった血圧…

下げすぎてない妥当な血圧に 維持するのって 難しいと思います

また様子みていきます…