ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

cpapはしません…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

無呼吸検査の夜勤をしていました

患者さんは昔にも無呼吸検査をうけておられた

その患者さんの言葉…

【今回重症でもcpapはしません】

以前 cpapをしたことがあったそうです…

しかし この患者さんは元々 鼻に病気をわずらっておられた

だからか…

cpap治療は鼻の通りが悪い方には本当に不向きな印象です

しばらくは頑張って使ってみようと説得はするものの…

結果として 心地よく使えてる人はいない

過去に多くの方が治療せざるを得ない結果でした

その中で 感じる印象…

それは

【鼻の通りが今一つ悪い方は数ヵ月の間に機器を返却されています】

そして…

一度嫌になると いくら説得したとしても

だめ だめ だめ…

人は(心の中で)気持ちの中で 嫌になっていると

よほど良いことがない限り 変わりません

そんなエピソードを感じました