ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

階段あかんって…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

先日、リハビリ中の入院患者さんに階段の危険性について話しました

【階段あかんって】

患者さんは急性心筋梗塞カテーテル治療をうけた男性でした

もちろん最初は 車椅子での送迎…から始まり

毎日のリハビリで 妥当な負荷をかけて 様子をみていきました

様子とは…

不整脈や症状の出現のことです

ずいぶん安定化されて

筯病棟内フリー

筯院内フリーと

安静度はアップしていく

とうとう車椅子を離脱され…

病棟から リハビリ室まで 歩きで可能な状態まで 進展していた

入院患者さんには

【階段は危険性あるし、もし何かあったら…誰も助けられないから】と

危険を促していました

それなのに…

病棟に

リハビリの声かけお願いします…と頼んだとき

階段で5階→4階へ→

リハビリ室まで平然と来ている

たかが1階下と考えてるのでしょうか

リハビリ室に到着…

少し息切れされ

【階段で来たから少し休憩してから血圧測りますわ…】と言う

【え?なんで?階段】

本当に思う

階段あかんって言ってたのに…

本当に勝手に

自己判断して階段できはる人がいる

こんな方は 何かあっても 面倒みたくなくなります

何かあれば…自業自得

せめて入院中は

指導どおりに頑張ってほしいと思います

急性心筋梗塞という病気をなんと考える…