ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

医師に伝えてますか

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

先日、近隣施設に医療講演をして来ました

演題は…

睡眠障害

メカニズムと治療

でした

参加してくれた地域の方々は30名ほどでした

参加されていた ほとんどの方は 【昼寝】が必要であり 夜間は 【睡眠導入剤】が必要だった…

話をすすめると…

日中と夜間のメリハリがあまりない印象を受けました

そうなんです

睡眠障害の入り口(軽度)でできる対策としては…

昼間は活動的

夜間は熟睡

生活の中でメリハリをつくること が必要なんです

また ほとんどの方は【夜間寝れない】→ 【睡眠導入剤をもらおう】

【効かなくなった】→【さらに追加】

→【よりきつい薬ください】となるのかもしれない

これは 正しい方法とは言えないのです

睡眠導入剤もお薬… ずっと服用されていれば 何かしら 違う症状(以前はなかった。今は感じる)を感じる方もおられます

【感じている症状を担当の医師に伝えてますか】

【いえ…何も】

【何で言わないんですか】

【先生は少し話したら…いつも通りお薬だしときますね】って言われるから

【いや、先生は勝手に変化ないと思ってるだけやと思いますよ】

【患者が何も言わないと…医師は自分のしていることで問題なしと考えてるはずですよ】

【わかりました】

【次の診察で…何でも話すようにしますね】

【はい、お願いします】

そんな会話を交わしました

筯薬は調子よくなったら 止めることも考えておくべきやと思います

筯いつまでも服用するから 効かない 増量 よりきつい薬 が必要となるんです

自分の大切な体…

やから

少し考えてみてくださいね…