ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

やる気伝わるわ…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

毎年、臨床検査技師の実習生が勉強目的に来ています

学校で学ぶ内容を

患者さんを目の前に迎え検査をした時にスムーズに評価できるだろうか…

今はとりあえず…

臨床検査技師の国家試験に合格するのが最大の目的だろう

でもそれは単なる通過点にしかならない

実習生から見た職員(検査技師)は皆、先生…に見えるかもしれない

【先生…先ほどされた検査の筯筯なところが理解できない】とか【心電図波形が解読できない】とか

実際の検査(現場)を後ろで見ていて どのように目に映ってるんだろうか

後程 提出されるレポートを確認して初めて伝わってきます

今はできるだけ、いろんな現場を眺めて【いろいろ考えてください】

何でも 基礎知識を着けてから

現場を眺め 考える

実際に検査して見て 考える

何回かやってる中で 失敗するだろう…

私は 実習生の時に 失敗した方がいいと思います

一回も失敗せずに 社会にでてから 失敗すると

本当に悩むだろう…(今までできていたのは何故かわからなくなる)

実習生さんに話する内容は…

あえて失敗談が多いのも…

【こんなこともあるんだよ】的なエピソードを頭に入れてほしいからです

毎年実習生さんを見ているけど

今年の方たちは 本当に熱心に 話を聞く

質問される…

頑張って検査技師になろうとされてるのが伝わります

大変やけど頑張れ…