ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

これ重いんやけど…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

入院患者さんの中には不整脈変化をみるために常に心電図モニターがついている方がおられます

【これ…重いんやけど】よく言われます

【普通は退院まで】つけている方が多い…と話しています

その中で…

【心電図が安定維持】されている患者さんは 医師の指示でモニターは外されるのです

リハビリ時に 頻回につけはずししますので その【重さ】はよくわかります

健康でも 袋に入れたモニターをずっとずっと首から吊り下げていると 肩もこることは容易に理解できる

ましてや モニターをつけている方は健康な方ではなく、入院患者さんなのです

体が弱っている時は モニター1つでも

点滴1つでも重荷である

よく患者さんも言われる言葉…

【健康やったらこんなモニター1つくらいの重さなどなんてことないんやろうな】

入院中は…ちょっとしたことが気になるようです(モニターなど)

入院中は…ちょっとした体調の変化に不安を感じるようです(血圧低下など)

入院中は…他人のいびきや咳の音が気になるようです

(人が発する音はとくに気になる)

これは仕方ないことかもしれない…

1日も早く退院できるように頑張ってください

やっぱり健康がいいです…