ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

連絡欲しかったなぁ…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

先日、起こったエピソードで…

【連絡欲しかったなぁ】という内容です

さて、先日 睡眠時無呼吸症候群疑いの患者さんを検査する予定になってました

通常なら21時すぎには 来院して欲しい旨を患者さん本人にお伝えしています

21:20すぎ 来ない

21:30すぎ 来ない

21:45すぎ 来ないため 病棟ナースさんから患者さんの自宅に連絡していただきました

(70歳代の女性患者)

しばらくして…

【数日前にキャンセルの連絡入れてますけど…】の返事でした

【え?】

(担当の私に伝わってないけど)

それが 第一印象でした…

【何でだろう】

【電話受けた人誰だろう…】

【何で申し送りしないんだろう】

すごく不愉快な思いがしました

再度連絡された患者さんも 迷惑やし…

連絡いれる方も二度手間やし…

うちの病院は木曜日が無呼吸検査夜勤の日ですので…

数日前は…

日曜日だったから?

平日なら 担当の私に連絡くるはずだから

こんなエピソードは以前から 数回ありました

事前にわかってるんなら 他の人を検査予約することができるのに…

無駄な 段取りの取り方をしないようにしたいところです

今となっては 誰が連絡を受けたか…不明

または 患者さん自身が断る理由をつくりたかったか 忘れてたか…

これは いわゆる… 【ドタキャン】な状態ですよね

今後 このような意味不明な 気持ちにならないように 事前に対策をとりたいと思う今日この頃です