ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

冷え性なんですね…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

先日、理学療法士の先生方と入院患者さん(70歳代の男性)のCPX(心肺運動負荷試験)を行いました

その時の話です

冷え性ですね】

CPXの前には 必ず

体脂肪計にて体脂肪の割合を記載することになっています

まずは体脂肪計の入力から

筯身長は…

筯体重は…

筯年齢は…

筯性別は…

入力します

【さて筯筯さん、椅子に座って肩の高さで体脂肪計を持ってください】

【肩の高さで体脂肪計を軽く握ってください】【そうです】

【数値が出るまでそのまま…そのまま】 (計測中)

体脂肪率は…】

【あっ、E3…】

【すみません、手を触りますね】

(冷え性なのかを確認した)

【めちゃくちゃ冷えてますね】

【そうか…自分ではわからんわ】

【少しの間、手を擦っててください】

【では…もう一度】

(計測中…)

E3が出た

【やっぱりだめですか…】

【俺は冷え性か?】

【機器上では…数値がでないので冷え性だと思います】

(実際手は冷えてる)

今回使った体脂肪計は肩の高さで測るものでしたが

体重計のように 素足で測るものもある

対処法としては

筯温水で手を洗う

筯蒸しタオルで温める

筯グッパグッパ、運動させる

などがあるが…

今回は とくに重要視しないため

スルーしました

女性患者さんなら

大半の人が

体脂肪率を気にされていた

男性はそんなことには あまりこだわらない印象です