ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

痴呆症やないし…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

今日は1F生理機能検査を担当していました

【痴呆症やないし…】って 怒りぎみに話す女性。プライド高いんやろなって感じました

【筯筯さん、中へどうぞ】

【え?ここに入るんですか】

【はい、お願いします】

24時間ホルター心電計をつけるために 検査の部屋に入っていただきました

ホルター心電図の注意点に関して いくつか説明しました

所々で 耳に手をあてながら 【え?】を繰り返す

この患者さんは80歳の女性です

説明した内容を 自分で何回も 確認されている

【私、耳が少し遠いけど痴呆症じゃないよ】このセリフも何回か言っておられた…

筯耳が聞こえにくい

筯確認が多い

筯復唱も多い

筯痴呆症ではないと言う

痴呆症ではないの言葉を話すときは 少し怒りぎみ…

プライド高いんやろうな…

(心の中で思う)

年齢的に物忘れとかあってもおかしくはない

でも…出来るだけ認めたくないんだろう

耳が聞こえにくいのは 人とのコミュニケーションはとりずらいけど 痴呆的なわけではない…

我々もいずれは痴呆的になるんだろう

でもやっぱり認めたくないところやろうな…

耳が聞こえにくいために反応が鈍い…のと 痴呆症で理解力が乏しい…

本当に判断は難しいと思う

悪く評価すると失礼にあたるからです

難しいな…