ga('create', 'UA-58701863-1', 'auto'); ga('send', 'pageview');
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

患者さんの思いと心に残った言葉

臨床検査技師・睡眠健康指導士をしています【との菌】です。入院患者さんの悩みやその時の思いを綴っていきます。良かったら読んでくださいね。

なんかやりにくいな…

おはようございます。

との菌です。(*^_^*)

いつもありがとうございます…

臨床検査技師として業務する毎日…

先日、肺機能検査に結構手こずった高齢の女性患者さんがおられました

その時の印象…

【なんか、やりにくいな…】です

【筯筯さん、肺機能検査しますね】

【はい】

【すみません…この検査に身長体重が必要です。教えてください】

【体重ですか】

(なんで先に体重?)

【えっと…2キロくらい増えたかな】

(増えたかではなく…何キロ?)

【今、何キロですか】

【最近測ったことないんです】

【わからないんですね…】

(たぶんわからないんじゃなくて…測りたくないと思う)

【後ろにある身長体重計で測りますね】

【いややわ…】

(やっぱり知りたくないんやな)

身長体重も測り 肺機能検査は進む

筒状の検査器具を加え 普通に(楽な)呼吸してもらう

しかし…です

【吸ったり吐いたり安定しないですね】

【私、ふだんこんなんせえへんから…】 (呼吸せえへんて?)

本当に不思議…

やったことないとか言わずに かけ声の通りにやってくれたらいいのに…と思う

最近検査した 小学生の女の子の方がよほど スムーズに うまくやってくれてました

筯こんなんせえへん 筯こんなんできへん 筯初めてやった

筯やったことない

本当にびっくりしますよ…

なんで、そんなこと言うのかな…

(心の中で…ずっとオンパレードしています)

笑うしかないですね